8号族の特徴と代表馬

最近あまり書いていませんでした。久々のファミリーナンバーについて
の記事を書きます。今週はダービーですが、近2年連続で皐月賞、ダービー馬を
輩出している8号族についてです。今年の登録馬にはいませんけれど(笑)。

出走数としては中堅クラスで最も多い1号族の約半分程度、占有率にして
6%ほどです。

2006-11年の重賞競走では全51勝を挙げていますがその内47勝が牡馬で
かなり偏りがあります。3号族と同じく極軽系で、高速馬場の切れ味勝負や
急坂よりは平坦コース向きだと思います。素軽さ、キレが身上でしょう。
そのため、ずぶくなりがちな牡馬に決め手を与えており、反面元々キレを備えている
牝馬ではキレ過ぎていい脚一瞬だったりするので重賞で甘いのだと考えています。

スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top