2017年新潟2歳Sのファミリーナンバー予想

4号族が(4,2,1,18)とよく走っているレースです。4勝が光りますね。
また直線が長く、いい脚を長く使えることが有利になるせいか、トニービンを
筆頭としたグレイソヴリン系やノーザンテーストを内包する馬が好走しています。


ということで推奨馬はプレトリア


4号族で母方にトニービンとノーザンテーストを持っている馬です。傾向にピッタリですね。
新馬戦は終始外目を追走し、4角も大外をぶん回してのロスの多い競馬ながら
上り3F最速の脚で差し切る強い内容でした。このレースで3、4着馬は勝ちあがり、
2、5着馬は次走で2着とメンバーも濃かったと思います。


相手は難解も一応シンデレラメイクを筆頭に挙げておきます。
新馬戦は5馬身差でゴール前は流しても上り最速でした。
地力系7号族は勝ち鞍はありませんが(0,1,2,9)とまずまずで、
推奨馬に食い下がってくれるでしょう。


以下は手広く、トニービン、ノーザンテースト内包のフロンティア、ノーザンテースト内包の
ムスコローソ、伴性血縁上にBuckpasserを持つトッカータ、テンクウ、マイネルサイルーンの
3頭を押さえにします。

スポンサーサイト

2017年キーンランドCのファミリーナンバー予想

キーンランドCの予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20170827キーンランドC

2017年札幌記念のファミリーナンバー予想

札幌記念の予想です。まずは出馬表です。

 ↓
20170820札幌記念

2017年北九州記念のファミリーナンバー予想

北九州記念の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20170820北九州記念

2017年関屋記念のファミリーナンバー予想

続いて関屋記念です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20170813関屋記念

2017年エルムSのファミリーナンバー予想

札幌はこのまま不良馬場のままで行われそうですね。
まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20170813エルムS

2017年度シルクホースクラブ出資馬確定

久々に重賞予想以外での更新です。


2017年度のシルク出資馬が決定しました。満口にならなかったのですんなりでした。
ルーラーシップ産駒の牝馬ケアレスウィスパーの16です。


現3歳馬ビートマッチと同じルーラーシップ産駒の牝馬で、管理するのも萩原清厩舎です。
ビートマッチが500万条件を圧勝した直後だったのでちょっと心配でしたが満口にならず
すんなり決定しました。8月1日の募集馬検討会で名前が出なかったので大丈夫とは
思っていましたが。


牝系は活躍馬を多数輩出している9号族クラフティワイフ一族です。
トーセンジョーダン、カンパニー、トーセンスターダムなどなど。
X染色体伝達経路上にSecretariatが入っているのが心強いです。


母のケアレスウィスパーは牝馬ながら東京D2100mの丹沢Sを勝ち、交流重賞でも好走
しています。


半兄トーセンバジルは葉牡丹賞を勝ち、クラシックのトライアルレースでも善戦しました。
古馬になって阪神大賞典ではサトノダイヤモンドを相手に3着に善戦しました。


本馬は父がルーラーシップに替わり、ノーザンテースト4×3のクロスを持ち、トニービン
血も入っています。いずれも牝馬と相性がいい血統だと思っています。
トーセンジョーダン、カンパニーもトニービン内包なので、牝系との相性もいいでしょう。
前述のように母方にはSecretariatの血も入っているので、牝馬で重賞で好走できる
血統構成が凝縮されていると思っています。


出産時年齢も12歳と適齢期で健康的な仔であるはずです。測尺で馬体重が420㎏台と
小さい割に、胸囲が179㎝と大きいのも魅力です。募集馬検討会で180㎝以上が
どうこうおっしゃっていましたが、体全体の大きさも考慮すべきでしょう。


後は無事に競走馬として走れるまで願うばかりです。牧場スタッフのみなさん、
萩原先生、よろしくお願いします。




2017年レパードSのファミリーナンバー予想

新潟は暑いです。日中は35℃くらいになりそうですね。
まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20170806レパードS

2017年小倉記念のファミリーナンバー予想

台風接近で九州南部は大変なようですが、小倉は影響がなさそうですね。
まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20170806小倉記念

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top