2017年度シルクホースクラブ出資馬確定

久々に重賞予想以外での更新です。


2017年度のシルク出資馬が決定しました。満口にならなかったのですんなりでした。
ルーラーシップ産駒の牝馬ケアレスウィスパーの16です。


現3歳馬ビートマッチと同じルーラーシップ産駒の牝馬で、管理するのも萩原清厩舎です。
ビートマッチが500万条件を圧勝した直後だったのでちょっと心配でしたが満口にならず
すんなり決定しました。8月1日の募集馬検討会で名前が出なかったので大丈夫とは
思っていましたが。


牝系は活躍馬を多数輩出している9号族クラフティワイフ一族です。
トーセンジョーダン、カンパニー、トーセンスターダムなどなど。
X染色体伝達経路上にSecretariatが入っているのが心強いです。


母のケアレスウィスパーは牝馬ながら東京D2100mの丹沢Sを勝ち、交流重賞でも好走
しています。


半兄トーセンバジルは葉牡丹賞を勝ち、クラシックのトライアルレースでも善戦しました。
古馬になって阪神大賞典ではサトノダイヤモンドを相手に3着に善戦しました。


本馬は父がルーラーシップに替わり、ノーザンテースト4×3のクロスを持ち、トニービン
血も入っています。いずれも牝馬と相性がいい血統だと思っています。
トーセンジョーダン、カンパニーもトニービン内包なので、牝系との相性もいいでしょう。
前述のように母方にはSecretariatの血も入っているので、牝馬で重賞で好走できる
血統構成が凝縮されていると思っています。


出産時年齢も12歳と適齢期で健康的な仔であるはずです。測尺で馬体重が420㎏台と
小さい割に、胸囲が179㎝と大きいのも魅力です。募集馬検討会で180㎝以上が
どうこうおっしゃっていましたが、体全体の大きさも考慮すべきでしょう。


後は無事に競走馬として走れるまで願うばかりです。牧場スタッフのみなさん、
萩原先生、よろしくお願いします。




スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top