FC2ブログ

2017年エリザベス女王杯のファミリーナンバー予想

エリザベス女王杯の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20171112エリザベス女王杯
1号族、3号族、9号族がのべ5頭ずつ馬券に絡んでいます。


1号族は(3,2,0,29)と出走頭数が多いので率はそれほどでもありませんが3勝が光ります。
昨年の勝ち馬クイーンズリング、今年の桜花賞、秋華賞2着馬リスグラシューは上位候補でしょう。


3号族は距離実績がないウキヨノカゼなのでちょっと厳しいでしょう。


9号族はトーセンビクトリー、タッチングスピーチ、ジュールポレールが出走します。
近走不振のタッチングスピーチは厳しいでしょうが残り2頭はチャンスあるのでは。
アパパネが2回にメイショウマンボとキングマンボ系保持馬が走っているので
トーセンビクトリーは面白いと思います。内枠の利もあるので頑張って欲しいですが
推奨馬にするにはちょっと足りないかなと。


推奨馬は2号族のミッキークイーン


逃げ馬クロコスミア1頭でスローペース濃厚。良馬場での決め手勝負ならこの馬でしょう。
ヴィクトリアマイルで凡走し宝塚記念で好走したように加齢とともに距離適性は伸びて
このくらいが良さそう。休み明けでもフレッシュさをプラスに取りたいと思います。


相手は3歳馬モズカッチャン。前走で重馬場を走らされた疲れが心配ですが、
距離延長、良馬場に替わるのはプラスでしょう。枠もいいのでロスなく競馬が出来れば。


穴は前述の理由でトーセンビクトリー。スローペースを内ピッタリ追走すれば。


以下、前述の1号族クイーンズリング、リスグラシュー、同じく9号族ジュールポレール、
外枠でロスが大きくなりそうも能力でヴィブロス、疲れが心配も3歳馬ディアドラ、
とここまで押さえます。


16号族は好成績でも馬場が渋った時の好走が目立ち、良馬場スローでは切れ負け懸念の
ルージュバック、前走の好走がビックリですが、高齢馬で連続好走を望むのは酷で
乗り替わりもマイナスのスマートレイアーは評価を下げます。

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top