2017年中日新聞杯のファミリーナンバー予想

中日新聞杯の予想です。いつのまにか金鯱賞と入れ替わって元に戻りました。
ややこしいですね。


まずは出馬表をどうぞ。
 ↓
20171209中日新聞杯
新装した2012年以降で、中日新聞杯で(2,1,1,3)、金鯱賞で(0,3,0,1)、合わせると
(2,4,1,4)と複勝率5割超えを誇っているのは12号族です。
12号族のディサイファは両重賞で連対を果たしていますね。


推奨馬は素直に12号族ロードヴァンドール


今年の金鯱賞の2着馬で、そのときの推奨馬です。今回はハンデ戦でハンデ据え置き、
ヤマカツエースほどの強敵はおらず、単騎逃げ濃厚でもう一丁を期待します。
前走は休み明けで極悪馬場だけにノーカウントでいいでしょう。叩き2走目、鞍上強化で
粘りを増してくれるはず。


相手はバランス系9号族メートルダール。この馬はマイル重賞ではスピード不足で
距離延長は歓迎でしょう。父はパワータイプのゼンノロブロイ、母父も中山など急坂で
強いシルヴァーホーク、母母父もサドラーなら急坂コースの中距離は合うはずです。


実績最上位ミッキーロケットは3番手。普通に走れば勝ち負けも上位人気に支持されたときの
鞍上に若干の不安。


以下、金鯱賞3着のスズカデヴィアス、GⅡウィナーのマウントロブソン、ここ数戦で
差のない競馬をしておりハンデ戦で展開向けば面白いショウナンバッハ、大穴では
ハンデ戦で怖い2号族、軽ハンデ53㎏、トニービンを内包しているサラトガスピリット、
とここまで押さえます。


スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top