2018年東京新聞杯のファミリーナンバー予想

東京新聞杯の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180204東京新聞杯
東京競馬場も朝の時点で稍重馬場。少し時計がかかるとみていいでしょう。


推奨馬はダイワキャグニー


地力系7号族のしぶとい先行馬。7号族はこのレースで(1,1,1,3)と好相性です。
前走はいつもより位置取りが後ろになって不完全燃焼。全4勝を挙げる東京に
替わって先行すれば力を発揮できるでしょう。好調の横山典Jも心強い。


相手は1号族のリスグラシュー。トニービン、サドラーズウェルズ、リファールのクロス、
ネヴァーベンド系などを内包し時計がかかる馬場が合いそうな血統構成です。
稍重馬場の桜花賞、重馬場の秋華賞でも2着に好走しています。
最終追切が坂路50秒を切る猛時計を出したのが、逆にやや気がかりも
力を発揮できれば上位争いでしょう。


単穴はアドマイヤリード。こちらも地力系22号族、ステイゴールド産駒で
時計のかかる馬場は歓迎のタイプ。GⅠ馬でありながら前走から2㎏減の54㎏で
走れるのは有利ですね。1週前に坂路51秒台を出し、最終追切は52秒台に抑えて
上り2Fを12秒台でまとめる、理想的な追切が出来たのでは。


以下、相手は手広くサトノアレス、クルーガー、グレーターロンドン、
穴っぽいところでハクサンルドルフ、ベルキャニオンを押さえておきます。

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top