FC2ブログ

2018年桜花賞のファミリーナンバー予想

桜花賞の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180408桜花賞
2006年以降で4号族が6頭、16号族が5頭、9号族が4頭馬券に絡んでいます。


サンプルが少ないですが8号族が(0,1,2,6)、12号族が(0,2,1,5)と複勝率が
高めになっています。8号族の馬券に絡んだ3頭中、エーシンリターンズ、
アイムユアーズの2頭はともにキングマンボ系が父、母父でした。


推奨馬はその8号族、父キングマンボ系のアーモンドアイ


未勝利戦はノーステッキの大楽勝、続くシンザン記念はスローペース、
前残りの流れを後方から直線大外一気での楽勝と底を見せていません。
伴性血縁上にBuckpassser、Secretariatを持ち、極軽系8号族の
淡白さを補う好配合でGⅠの舞台でも楽しみ。牡馬に勝っている強みがあります。


相手は無傷の4連勝ラッキーライラック。ミッキーアイル、アエロリット、ハーツクライを
排出しているMy Bupers一族です。こちらも極軽系6号族ですが、
持久力を補うボールドルーラー系Seattle Slew、ノーザンテーストを持つ好配合。
最内枠に入ったので先行することになりそうですが、強い逃げ、先行馬が
いるわけではないので前をかわいがり過ぎると差し馬の餌食になりそうで、
鞍上の仕掛けどころ、思い切りがカギに。


単穴は6号族のプリモシーン。未勝利戦は後のクイーンC勝ち馬である
テトラドラクマを叩きあいで制しての好時計勝ち、フェアリーSで再戦時も
直線で瞬発力で置き去りにしての完勝と牝馬同士では力量上位は明らか。
決め手勝負なら推奨馬と互角では。


以下、新馬戦でプリモシーンに勝ち、2歳GⅠでも4着と健闘しているトーセンブレス、
相手なりに走るバランス系ファミナン、4号族のリリーノーブル、9号族の
マウレア、前残りケアでハーレムライン、とここまで押さえます。





スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top