FC2ブログ

2018年青葉賞のファミリーナンバー予想

青葉賞の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180428青葉賞
バランス系の9号族と4号族がなかなかの好成績を収めているレース。


9号族は(0,4,0,15)、サンデー系を持つ馬に限れば(0,4,0,12)となり連対率25%です。
4号族は(1,1,4,15)、同じくサンデー系に限れば(1,1,4,11)となり複勝率3割5分以上です。


ということで推奨馬は4号族からゴーフォザサミット


半兄ショウナンマイティは当レースでは0.3秒差の5着でしたが、父がマンカフェから
ハーツクライに替わればこのくらいの距離が良さそう。実際に1800mの
共同通信杯、スプリングSともに差し遅れ気味で、距離延長で中段あたりで
競馬が出来ればチャンス十分でしょう。藤沢厩舎2頭出しで薄い方から入ります。


相手は前走で逃げて圧勝のディープインラヴ。ダービー馬ディープブリランテの
全弟でこの条件は歓迎でしょう。ダブルフラットが逃げそうですが、その後ろから
ペースを作るのはこの馬です。展開的に有利でしょう。


単穴はオブセッション。極軽系20号族で勝つも負けるもあっさりのタイプ。
先週のフローラSのサトノワルキューレ風です。弥生賞は休み明けで参考外、
2勝の内容は上り最速のもので末脚が炸裂すればでしょう。


以下、毎日杯で健闘したノストラダムス、大外枠嫌味で距離も微妙もサトノソルタス、
前残りでダブルフラット、好相性の9号族、トニービン内包のトラストケンシンを
押さえておきます。


地力系5号族スーパーフェザーは前走はドスローの凡戦。ここでは切れ負けしそう。
2号族は2006年以降で(0,0,0,19)、1番人気でオーシャンエイプス、マゼランが
敗れており鬼門です。ダノンマジェスティも軽視です。

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top