FC2ブログ

2018年天皇賞春のファミリーナンバー予想

天皇賞春の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180429天皇賞春
16号族が(1,1,3,12)とよく走っているレースですが、今年の出走馬は10歳になる
カレンミロティックでさすがに荷が重いでしょう。


同じくのべ5頭が馬券に絡んでいるのは9号族で(2,2,1,12)となかなかの好成績です。
アルナスライン、トーセンジョーダンはトニービン内包、連覇を達成した
キタサンブラックは母方にノーザンテースト、ボールドルーラー系の血が入っていました。


推奨馬はその9号族からトーセンバジル


2012年2着、トーセンジョーダンの近親馬で、母方にはノーザンテースト、
ボールドルーラー系の血が入っています。昨年は阪神大賞典でサトノダイヤモンドの
3着に好走した後、本番では8着に終わりましたが、今年は日経賞を叩いての2戦目で
昨年よりは反動が小さいはずです。鞍上にミルコJを迎えて楽しみ。


相手はシュヴァルグラン。ピークは過ぎた感がありますがこのメンバーなら
まだ上位でしょう。


単穴で成長度見込める4歳馬からサトノクロニクル。菊花賞は道悪が全てで
前走の阪神大賞典で2着に来ているように距離は問題なし。トニービンと
ロベルト系を両方持つビートブラック風血統構成で一発を期待します。


以下、ステイゴールド系からガンコ、レインボーラインの2頭、上位人気馬が
こけてくれればチャンスが浮上する相手なりに走れるソールインパクトを
押さえます。

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top