2018年京都新聞杯のファミリーナンバー予想

京都新聞杯の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180505京都新聞杯
このレースで成績がいいのは13号族で(4,1,1,7)と4勝が光ります。


今年の出走馬ではアドマイヤアルバが該当しますが、
マイル戦を中心に使っており、前走はジョッキーが手綱を引っ張るような
素振りを見せていて折り合い面が不安です。父ハーツクライが強く出ていれば
距離の克服は可能でしょうが、どうでしょう。


次点は1号族で、勝ち星はありませんが(0,2,5,20)と最多の7頭が馬券に絡んでいます。


種牡馬の面ではディープインパクト産駒がやはり目立つほか、トニービン内包馬も
よく走っています。


以上より、推奨馬は1号族のフランツ


ディープインパクト産駒で母母父がトニービンです。
前走のアルメリア賞は内を突いたとはいえ好時計での完勝でした。
距離延長は歓迎で、京都外回りコースらしく最後の直線は内を突いて
伸びてきそうですね。我がPOG指名馬でもありここを勝ってダービーへ。


相手は人気のタニノフランケル。3号族、母父がブライアンズタイムで
平坦替わり、距離延長は歓迎です。


穴で1号族、母父ダンスインザダークのユーキャンスマイル。
ダンスインザダーク産駒はトーホウアラン、ローズプレステージが穴をあけており、
2016年2着アグネスフォルテは母母父がダンスインザダークでした。
強敵ぞろいの毎日杯で0.6秒差6着に健闘し、距離延長のこの舞台なら
もっと走れそう。


以下、ディープインパクト産駒のグローリーヴェイズ、前残りケアでケイティクレバー、
ハーツクライ産駒のアルムフォルツァ、地力系5号族のステイゴールド産駒で
距離延長は歓迎のはずのステイフーリッシュ、とここまで押さえます。



スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top