FC2ブログ

2018年オークスのファミリーナンバー予想

オークスの予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180520オークス
16号族が(4,2,1,14)と好相性のレースですが、今年の出走馬は
トーホウアルテミスとシスターフラッグの2頭でさすがに力不足でしょう。


今年は桜花賞馬アーモンドアイで揺るぎようがなくこれが推奨馬です。


桜花賞では後方から大外一気で大楽勝。前が残る流れでのモノで
強さが目立ちました。母はオークス2着のフサイチパンドラで距離延長は
問題なし。父ロードカナロアはマイル、スプリントGⅠ馬ですが、
産駒は距離をこなしており問題ないでしょう。
伴性血縁上にBuckpasserが入っているのも○。


相手はサトノワルキューレ。牡馬相手に2400mで勝っているのは大きい
アドバンテージ。極軽系20号族で淡白さが心配ですが、アーモンドアイ以外には
負ける気がしません。前走は最後方から大外一気の競馬でしたが、
今回は距離延長で中段くらいには付けられるでしょう。アーモンドアイより
先に仕掛けたい。


ちなみに血統的には母父Roi Normandが芝12FのGⅠ馬、母母父のFalcon Jetは
この馬の母父がトニービンと同じHornbeamで長い距離に強そうな構成です。


単穴はなし。後は3着候補でしょう。


オークスで馬券に絡んでいる血統構成はサンデー系に欧州ノーザンダンサー系、
トニービン、あるいはクロフネなどのヴァイスリージェント系の組み合わせが目立ちます。
それと伴性血縁上にBuckpasserを持つ馬もいいです。


サンデー系×ヴァイスリージェント系でトニービン内包のリリーノーブル、ロサグラウカの2頭、
ディープ×ガリレオ配合でガリレオ経由でBuckpasserが入るカンタービレ、
出走メンバー中で唯一のロベルト系で距離延長は合いそうで、伴性血縁上に
Buckpasser5×5のクロスを持つランドネを挙げておきます。


桜花賞2着ラッキーライラックは人気馬の中では危うい存在かと。
極軽系6号族で近親にミッキーアイル、アエロリットとマイラー牝系で、
母方には米国血統が入って距離延長はプラスとは言えないでしょう。


スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top