FC2ブログ

2018年函館記念のファミリーナンバー予想

函館記念の予想です。まずは出馬表をどうぞ。

 ↓
20180715函館記念
2006年以降の函館開催の当レースで最も馬券に絡んだのは2号族と3号族。
ですが、今年は出走がありません。


次点は4頭が馬券に絡んだ1号族、4号族、9号族です。中でも
(1,2,1,9)と最も複勝率が高く複勝回収率も200%越えの1号族です。


セオリーからいけば、巴賞惜敗組で、叩き2走目、斤量減のマイネルハニー。
ただ、厩舎2頭出しの一角クラウンディバイダ、ノーザンファーム生産馬の
刺客としてカレンラストショーが絡んでくる展開で厳しい競馬になりそう。


推奨馬は展開利がありそうなブレスジャーニー


前走の巴賞は休み明けで5着も、上り最速の脚で着差は0.1秒差でした。
頭数が増えるので馬群の捌きがカギになりますが、叩き2走目で前進あるのみでしょう。
8号族でノーザンテーストとロベルト系の血が入るのはトランスワープ風で
ピッタリでしょう。


相手も同じ8号族からブラックバゴ。こちらもノーザンテースト内包の
ステイゴールドの血が入っています。後方待機から豪快な捲りを魅せてくれるでしょう。


単穴で1号族からスズカデヴィアス。最終追切が軽めでしたが、1か月以上前から
時計は出しているので少なくとも息は出来ているでしょう。1号族で近親には
英ダービー馬ドクターデヴィアスがいることから洋芝は歓迎のはずです。


以下、能力上位も休み明けで狙いは次走っぽいサクラアンプルール、
ステイゴールド産駒、母はアイルランド産で洋芝は向きそうも重賞で甘い21号族で
人気ほど信頼できないも状態は良さそうなトリコロールブルー、
厳しい展開ながら1号族で踏ん張り利くマイネルハニー、
ハーツクライ産駒で洋芝合いそうなナスノセイカン、とここまで押さえます。


スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top